1000カウント突破

ブログのカウントが1000を突破しました。
これも、記事を読んでくださるみなさんのおかげです。
ありがとうございます。

四ヶ月弱で1000を超えました。
人気ブログと比べると、とても少ないんでしょうが、
僕としては、1000カウントはむちゃくちゃ嬉しいです。
コメントも励みにもなり、勉強にもなり、ありがたいです。

最近更新のペースが落ちていますが、
投資と同じで、コツコツと継続していきたいです。
退場しない事が大切ですよね。

僕の資産運用が成功するかどうかは、やってみないと分かりません。
けれどもタイトルは「福祉職員の低所得だからこそ資産運用」です。
僕の実践記録が、低所得でも仕事をがんばっている人の励みになればいいなと思っています。

その為には、もっと勉強して、うまく資産運用をしなければいけませんね。
これからもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

毎月分配型投資信託に対する考察とその活用 2 高い分配金の注意点

シリーズ2回目です。

※ コメントで指摘してもらった部分は   をいれて修正しています。
  コメントありがとうございました。

毎月分配型の魅力は、高い分配金による高いリターンです。
利回り10%超えがいくつもありますし、中には20%近いものもあります。

その高いリターンが目的で僕も購入するのですが、正直言って普通の投資では
ありえない利回りです。毎年10%を越えるリターンを出し続けるには不可能と思います。

では、なぜそんなに高すぎる分配金を出せるのか?
それを分かっていれば、毎月分配型投資信託を選ぶ時に大いに参考になります。

理由は二つ
  ①元本切り崩しによる分配
  ②新しく集まった資金からの分配  と考えます。
 

①元本切り崩しによる分配
  利益から分配金を出しているのではなく、元本を切り崩し、基準価格を削って分配金を
 出している事を、タコが自分の足を食べるのと同じ様なので、俗にタコ足分配と呼ばれています。
  毎月分配金を100円出していても、その分基準価格が100円減っていたら、利益でも
 なんでもないです。元本を切り崩しているだけです。しかも手数料を払う分マイナスですよね。
  分配金と同じだけ基準価格が下がっていては、結局は利益になりません。

  分配金の全てが元本切り崩しとは限りませんが、高い分配金が出せるは、元本を切り崩して
 いるのが、大きな理由です。

  対策としては、

    ・基準価格が下がっていないかをチェックする  

 事です。そうする事で、利益ある分配金をもらっているのか、確認できます。

  くれぐれも見かけだけの分配金利回りには気をつけて下さい。
  
新しく集まった資金からので分配
  ファンドがそれほど利益を出せていないのに、基準価格を下げずに分配金を出すことも可能です。
 それは、新規申し込みがあり、資金がどんどん集まっていれば、その資金から分配金を出すことが
 できます。自転車操業と同じだと思います。

資金が集まり続ければ、おそらく分配金を出し続けれる事は可能でしょう。けれども、資金が集
 まり続ける事は難しいので、いつか分配金を出せなくなる時がきます。
  
  対策としては、

    ・純資産額が減っていないかをチェックする

  事です。純資産が減り始めたら、注意が必要です。すぐではないでしょうが、将来分配金を出す
 のが厳しくなってきて、分配金を出す度に基準価格も下がるようになると予想できます。もしくは
 分配金の額を下げるかもしれません。

まとめ
  ・高すぎる分配金は元本切り崩しか、新しく集まった資金から出ている可能性が極めて高い
  ・元本切り崩し、基準価格を低下させて出している分配金は利益ではない
  ・純資産が減り始めたら、ゆくゆく高い分配金を出せなくなってくる可能性が高い     です。

僕がこの記事で伝えたい事
  分配金を出す度に基準価格が下がっているファンドは利益にはならないので購入しないのは
 もちろんなのですが、注目すべきは

    ・純資産が減り始めたら、ゆくゆく高い分配金を出せなくなってくる可能性が高い です。

  これは、逆に言えば、

    ・高すぎる分配金でも、純資産が増加し続けていればその分配を存続できる可能性が高い

 という事になります。

  普通だったらありえない10%を超える利回りも、純資産が増えている間は、まだ安心できると
 思うのです。ゆくゆく純資産が減って、基準価格も下がっていくかも知れませんが、今、現在は
 高い利回りを維持しているのは事実であり、まぎれもない現実です。
  そのありえない程の高い利回りが現実に存在しているのですから、出来ればそれを得たいと思います。
  その為に、10年20年の長期保有でなく、タイミングを見て売買をするつもりで、高い利回りの
 毎月分配型投資信託を活用すれば良いと考えています。

  リスクの高い投資方法ですが、きちんと銘柄を選び、引き時も検討しながら実践していきたいと思います。
  今、現在は、そう考えて投資をしていきます。

PS、 前回の記事にも書きましたが、僕はインデックスファンドの積み立て投資もしています。
   毎月分配型を活用するとともに、インデックスファンドも活用したいと考えています。

   あと、毎月分配金を出しながらも、無理をして出しているのではなく、実際に出ている利益や、
  以前の利益の蓄積から分配金を出している健全なファンドもあります。高い利回りでも、出来る
  だけ健全な分配金を出しているファンドを選ぶのが大切です。
   その選びかたは、

   サイト名:手数料無料のノーロード投資信託
   サイトURL:http://noload.558110.info/

   で、コラム・投資信託i一刀両断!一覧 の中の「毎月分配型投資信託の選び方」に詳しく載っています。
   とても参考になるホームページです。
関連記事

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1年1ヶ月での運用報告

13ヶ月での運用報告です。

●評価損益  +158845円 ( 前月比 -44849円 )

●ポートフォリオ

   日本株     1%   海外株     21%    バランス     5%
   日本債券   0%   海外債券   23%    MRF        5%
   Jリート     7%   海外リート  38%

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー



   世界の株・債券・リートに分散投資を基本としていて、
   リートは利回りが良いので、現在50%近くにしています。


●今月の動きとして

   ・毎月の積み立て投資。(海外株・海外債券・海外リート・バランスファンドに1万円づつ)
   ・生命保険の見直しで得た解約金で海外リート・海外株・海外債権の買い増し。海外リートが中心。   
                                          をしています。

●感想

    先月は一年で+20万の運用結果と喜んでいましたが、今月は+16万ほど、先月と比べ
   て-4万ほどになってしまいました。あまり一喜一憂してはいけませね。増減がありながら
   少しずつ増えていくのだろうと考えます。
    逆に、生命保険の見直しで出来た解約金で少しでも安い時に、追加購入が出来てよかった
   と思っています。1$82円ぐらいの時に海外リート・株・債権資産の投資信託を購入できま
   した。リート中心に購入して、毎月分配を期待しています。リスクはありますが、リートはトー
   タルでポートフォリオの50%でもいいかもと考えています。   
    さらに、今後、長期的に見れば円安が進むと思っているので、海外資産の投資信託を追加
   購入できてよかったと思っています。今後に期待しています。
    今月は、資金があったので色々と買い増ししましたがギリシャ不安などもありますし、当面
   は様子見で、現金(MRF)が増えるのを待つのが良いように思います。しかしさらに円高がきた
   ら追加購入検討と思っています。

    2010年5月から13ヶ月(1年1ヶ月)での運用報告でした。   参考 為替 1$81.60
関連記事

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:れくいの
福祉専門職をしている男性です。
残念ながら収入は少ないです。
それでも、福祉専門職を続けたい。けれども、それなりの収入は得たい。と考え、35歳(2010年5月)から資産運用を始めました。
このブログで、僕の資産運用を報告しながら、低所得でも、頑張っている人に、夢や希望を持ってもらいたいと思っています。
その為にはまず僕がうまく資産運用をしなければいけませんよね。
やさしく見守ってもらえるとありがたいです。よろしくお願いします。
※投資は自己責任でお願いします。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ネットショッピングはここ
訪問者数
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
スポンサー
★ふるさと納税★    ★楽天カード★    ★保険相談★    ★太陽光発電★    ★住宅ローン★    ★住宅購入★
月別アーカイブ